STUDY TIME

娘(2014年生まれ)息子(2018年生まれ)の日々の家庭学習内容や習い事、生活面でのあれこれと時々私の自己啓発等々家族の成長を見守るブログ

娘キャンプへ

最近は

仕事を終えて帰ると

毎日少しずつ工事が進んでいるので

それを見るのが楽しみなのですが

 

それでも家に帰ってからは

自由に過ごせる空間は少なく

子どもたちと狭い一部屋で過ごすため

トランプをしたり、話を聞いたり

キャンプの準備をしたり

バタバタしていました

 

疲労は蓄積してきますが

少しずつ出来上がっていく我が家♡

を見ながらの住みながらリフォーム

私は選んで正解です☆

 

今は車で1時間位かかる集合場所まで

家族で娘を送り

残った元気一杯の息子と遊び

その息子がやっと寝て

ダンナが農園+お風呂に行ったので

一人時間を楽しんでいます♪

 

今回の娘のキャンプは2泊3日

f:id:torikumi:20210801170143j:image

磯遊びや謎解きプログラム等

前回に比べて対象年齢が少し高めなのかな?

と思いましたが

集合場所へ行くと同じくらいの背丈の子も

チラホラいたので

お友だちをつくって楽しい時間に

なるといいなぁ♪♪

 

キャンプに行ってみる?と

声をかけたきっかけは親でしたが

本人も一回行ったら楽しさを感じて

今回は2泊だからドキドキ?と聞くと

それだけ楽しいことがあるから嬉しい

と言ってました

 

そして新しく購入した

帽子や大きいリュックに

せっせと名前を書き荷物を詰め

(夜中にそっと私に直されても気づかない

大雑把さん。。)

準備から張りきっていました

 

前回のキャンプの出発から一週間

楽しかった気持ちも改善点も

まだ自分の中に残っていると信じて

 

私からは

 

キャンプリーダーの話をよく聞けば

普通は困らないようになってるから

話をしてくれてる時はよく聞くんだよ!

でもそれでも困ったことが起こるのが

一人で行くってこと!

そんな時に何にどう困ってるのか

伝える練習だよ!困った時は

遠慮しないで言うんだよ!!

あと笑顔と挨拶ねーーー^_^

 

と言って別れました

 

前回のキャンプを経て

自分のこととして

話を聞いたり準備をしたり出来た点に

成長を感じます

 

そして前回のキャンプ疲れと

リフォームの疲れを

感じさせない肉体に育ってることも

心配が少なくて助かりました!!

 

仕事してる以外は

ほぼ全ての時間を一緒に過ごしているので

優しく育ってるなーと思う一方で

最近生意気になってる?!

と思うこともあるのですが

 

こうやって離れている時間は

いいところやかわいいところが

頭にポンポン浮かんできます

 

今日から8月!今週の土曜からは

家族で5連休出来るので

120時間くらい連続で家族でいられる✨

多分子どもが大きくなるにつれて

そうやって長い時間過ごせることは

減っていくんだと思うから

貴重な時間を楽しめるように

今日やれることを進めようと思います!

 

 

 

 

 

 

 

リフォーム開始

昨日からリフォーム工事開始しました

 

住みながらのリフォームを

選択したのですが

全ての荷物を家の近くのコンテナに

運びほぼすっからかんにした状態で

当日を迎えたので

工事の方に驚いて頂けました!

 

そして

仕事から帰ると

一日でお風呂からキッチンから

昨日まであった壁や床全てなくなり丸裸

 

玄関挟んで分離された

私たちが過ごす部屋以外はこんな感じです

f:id:torikumi:20210728054832j:image

f:id:torikumi:20210728093339j:image

工事の入る前一週間くらいは

壁への落書きもご自由にDAY

 

姉弟で家中をディズニーに見立てて

いろいろ書いていました

f:id:torikumi:20210728210456j:image

ちなみにこれは二人の記憶の中の

ベイマックスらしい、、、

 

出来るだけ周りに迷惑をかけずに

リフォームしたいと思っていたのですが

お風呂もキッチンも早々に

解体されてなくなってしまったので

 

今日は実家のお風呂を借りてきました

 

これからしばらくは職場から

園と学童に迎えに行った後に

実家のお風呂コース

 

あまり工程を詳しくは聞いていないので

いつ入るのか

楽しみに待ちたいと思います!

 

 

 

 

 

おかえり

昨日無事に帰宅しました!

 

1回目のキャンプで失敗があったとしても

2回目、3回目のキャンプでリカバリー出来る!

 

という気持ちで複数回のキャンプに予約したのですが

1回目のキャンプから

絶対また行きたい!すごい楽しかった!

お友達たくさん出来た!

と興奮して帰ってきました

 

夜寝ている間に鼻血が出てしまったとか

問題が何もなかったわけではないですが

それ以上に楽しさが勝ったようでよかったです

 

初めてのお泊りは園の先生や友達と体験済みですが

たった一人で行くチャレンジは初めて

無事にしかも楽しかったと帰って来られたことが

親としては何よりでした

 

大冒険頑張った娘は

日記を書いて早々に眠りに・・・

 

今日の朝~金曜まで学童に行き、土曜少し休んだら

日曜からは今度は2泊で別のキャンプへ

 

夏休みだからこそ出来ること

夏休みだからこそ吸収できること

たくさん体験して欲しいと思います

娘キャンプへ息子旦那とオリンピック観戦

娘少し緊張しながら

朝キャンプへ出かけて行きました

 

最後まで口では弱音を吐かず

楽しみーと行きました

(旦那曰く夜中には2回くらい

起きていたそうです)

 

朝、車の中でダンナと

枕草子の暗唱を言い合ってたものの

 

約2年続けた取組みと

約1年半続けたピアノをしない日は

多分今日が初めてですね。。

家族旅行でも我が家では

息を吸うように〜が当たり前の光景に

なっていたので、、、

 

あとは物理的に出来ない日が

1日もなかったというだけの話ですが

(園のお泊まり保育は午後集合夕方解散

だったのでどっちも出来ていました)

 

今回は娘の

(勉強道具)持っていけるかなぁ?

の一言に

結局パンパンのリュックで

行くことになってしまったのと

(来週以降のキャンプ用には購入済)

スケジュールに自由時間はなかったので

全力で止めました

 

今頃は

自分たちで作ったカレーを食べて

お風呂の準備かなー?

 

そして残された私たちは

家でゆったりオリンピック観戦

 

本日の

水泳400mメドレーの金メダル

卓球ミックスダブルス

スケートボードの金メダル

ソフトボール

柔道の兄弟金メダル

どれも手に汗握り感動して涙が出ました

 

本気っていいですね!!

 

ダンナとの会話で

娘や息子は

いっろいろなスポーツの中で

何を選ぶんだろうねー?!

 

と話してたところ、ダンナが

 

勉強じゃん?(笑笑笑)

 

って言ってました

 

スポーツだけじゃなくて

勉強だってやっぱり極めたら

かっこいいから笑いでも何でもない!

と私は本気で思ってます!!

 

何か楽しいとか良い瞬間を

味わうためにはみんな努力してるのに

前も書いたかもしれないけど

スポーツと勉強だと

捉え方が違う人が多くて不思議です

 

水泳を習ってれば

出来る子から級やクラスが上がって

新しい泳ぎ方を習うのは当たり前なのに

 

勉強で出来るようになって

先の内容に進むことに対しては

先取りより大切なことが、、、

という雰囲気が不思議

 

オリンピック見てても感じましたが

世の中で輝いている人って

勉強が出来る出来ないよりも

何かに頑張ったことがあるかないか

自分で考えて進んでいるかどうかの

差が大きい気がします

 

大切にしたいことや人としての広がりは

遊びでも勉強でも部活でも

熱中することから学べる

 

我が家では

勉強勉強言ってるかと思いきや

何に熱中しようが自由

という雰囲気です

 

ただそれ以外に

家族時間

挨拶、返事、笑顔

年配者を敬う気持

は大事にしないと許さない圧はあります

 

あとは

私たち夫婦が常日頃から感じている

自分の能力が優れていて

100のパフォーマンスを出し続ける

一人

よりも

人の良いところを引き出せるリーダーに

なれる方が

100が300にも500にもなるということ

 

だから本来

人と生きていくのが苦手な私たちが

身をもって感じてきたことや

それじゃいけないと思って

自分たちが身につけた術や失敗談を

年がら年中子どもたちに話しています

 

ダンナとは元大学の同級生なので

お互いのことを20年くらい知っている仲

 

お互いの面白い逸話や

自分のことを話されても

その時本当はこんな気持ちだったとか

子どもたちはもーーー

そうゆうこと大好きで興味津々で

聞いています

 

話は脱線しすぎましたが

私は子どもがいろんな話を聞いたり

時に誘導されながらも大事なのは

 

子ども自身が自分で決めること

 

だと思っています

 

親はそのための情報を集めたり

たくさん話をしてたくさん話を聞いて

ヒントを与えるに過ぎない存在

 

我が家の場合

私たち夫婦ともに普通にしてたら

家族以外とのコミュニケーションに難あり

なので

大切にすることがそっちに寄っていますが

 

いろんな話から考えたり

自分が動いてみての失敗と成功から

学ぶ人になって欲しいなぁ

とは思います

 

娘がいない夜

娘に想いを馳せながら長々書いてみたけど

オリンピックに息子に

気を取られて何をいいたいか分からないわ

。。

でものせちゃう。。

夏休み

一昨日から娘は夏休みに突入しました

 

といっても初日は一日中学童で

今日は

父母とも祝日全無視の職場なため

祖父母宅へ行って過ごしました

 

学童と今日で冊子の夏休みの宿題は

終わったみたいなので

あとは絵日記とあさがお日記と自由課題

 

祝日が続くこともあり

子どもは学校がなくなって

夏休みーーー♬という気分になりつつ

あるのですが

 

母から見ると

毎日の朝夜の検温も

毎日の音読も

毎日の今日チャレといって家庭学習の

時間数を記入するものも

 

学校行ってる時と変わらずにあって

夏休みだからといって

朝や夜の記入の手間は変わりません。。

 

継続することは大切だと分かっていても

夏休みまで毎日書くのかぁ

と、少しボヤきたくなります。。

 

子どもが計測した体温を聞くのも

音読を聞くのも

毎日学習してるかチェックするのも

全く苦ではないのですが

それを記入するのが、、、正直面倒

 

でも

ためると大変なのは想像つくので

気合いですね。。

 

話は変わりますが。

今日は娘と日月で行くキャンプの

荷物準備をしました

 

使う順に上からになるようにする

入ってるものが分かるように袋にペンで

書いておく等々

 

準備からも学びの連続です

 

私も子どもをキャンプに行かせるのは

初めてなので

お風呂セットと歯磨きセットは別に入れるの?

とか

お風呂セットに靴下とあるけど

次の日の着替えには靴下の表記なし

どっちに靴下をセットにしとく?

とか

小さな?を娘と考えて決めながら

何とか準備完了!

 

なのですが

娘の持ってる大きめリュックがパンパンッ。

これだと娘がパッキングしたら

少し不安があるのと

次のキャンプは泊数が増えていくので

もう少し大きなリュックが必要、、、

 

今からだとネット注文は危険なので

明日仕事の隙見て

買いに行ってきます。。

 

もう少し早めに準備をしておけばー

母反省。。

抱きしめられた!!

昨日は大きな問題もなく

終業式の日を終えられたため

家で3ヶ月の頑張りを

讃えてギューーーーっと出来ました♡

 

ほんわかあったかい娘を

ギュッとしながら

小さい体でよく頑張ってるなぁとじんわり

 

上手く行ったこともいかなかったことも

次に繋げて欲しかったので

 

頑張ったことを教えてと言うと

 

お友達の名前を呼んであいさつ出来たこと

毎日決めたことをやれたこと

 

と言ってました

 

尊大な自尊心や自己肯定感には

???を抱いてる私ですが

等身大の自分を認められる力なんだと思えば

今の娘には花丸をあげたいと思います

 

やっぱり

怒るとその分時間も雰囲気も

悪い方に持っていかれるけど

 

昨日は

夏休みの宿題を早速自分ではじめたり

自由課題について

何をどうやることなのか?と質問されたりの

穏やかな夜を過ごせました

 

今日は

娘も息子もお弁当の日なので

少し早起き、これから作ります

 

夏休みは

小学校のある時よりも

時間を気にせずに

ゆっくり話を聞いたり伝えたり出来るので

生活リズムを崩さない程度の

緩みも作りながら「やることはやる!」

 

まずは学校の宿題からペース配分考えます

1学期総括

娘が小学校に通いはじめて

1学期が今日で終わります

 

といっても

娘の学校は前期後期なので

成績表はないし1学期という表現も

正しくないのかもしれないですが、、、

 

 

雑感としては

思った以上に大変だったな。。

という感じです

 

娘は毎日楽しい楽しいと

学校に行っていて

それだけで十分とも思えるけど

 

やっぱり自分での身支度は不完全だし

宿題をやっても出さなかったり

忘れ物や落とし物もしたし

面談で先生に注意点たくさん言われたし

 

何より娘が家では

反抗期なの?!っていうくらい

はねっ返ったりしてました

 

園時代には見られなかった

口ごたえや睨みや泣き

 

私もどう伝えたらいいのよー?!

とうろたえました

 

それでも

やっぱりこの3ヶ月は初めての環境で

頑張ったり踏ん張ったりの

連続だったと思います

 

「ちゃんとしなきゃいけない」抽象的。。

「他の子と同じように」

なんて親である自分には思っても

園の時、娘に対しては

全く考えもしなかったので

 

いきなり足並みを揃える

ということを求められて

娘もとまどっていたと思います

(自由な園、本当にありがとう)

 

昨日も宿題を学童に忘れてきて

私が取りに行く等々バタバタして

ゆっくり伝えられていないので

 

今日は娘に3ヶ月頑張ったことを

たくさん褒めてぎゅーーーーーっと

する日にしたいです

 

どうぞ

最終日問題を持ち帰ってきませんように