STUDY TIME

娘(2014年生まれ)息子(2018年生まれ)の日々の家庭学習内容や習い事、生活面でのあれこれと時々私の自己啓発等々家族の成長を見守るブログ

音読の宿題

GWが明けて

娘にも

算数プリントかひらがなプリント1枚と

音読の宿題が出るようになりました

 

以前に保護者会で

宿題は家で親が見て直しまでして

持ってきてください

と言われました

 

学校に行って集団の中で学ぶことで

相乗効果があったりたくさんのことを知り

学力が伸びていくことはあっても

 

それだけでは全員の学力を保つのは難しいので

子どもの現状を親もしっかり

見て知って必要なら教えてくださいね!!

という先生からのメッセージ

 

「親」の関わりが子どもの学力を支えますよ

という明確なメッセージ

出来る限り協力したいと思っています

 

我が家では

プリントは学童でやってくるので

そのチェックと音読

 

音読に関しては

娘が言うたびに息子がそれを真似して言うし

何なら娘が言うのを邪魔したり

そのうち息子が教科書を奪い取り

持ってもっともらしく読み始める

 

娘は教科書をとられても

暗唱して言ってますが

それって音読の意図とは違いますよね

 

困ったものです、、、。

 

ただ息子にとっては

字をじーっと見てひらがなを

少しずつですが確実に覚えていってるし、

見ても分からない分は覚えればいいと

記憶力も鍛えていて

娘以上に良い勉強になっています

 

と私だけだと

わちゃわちゃしてしまい

娘も教科書を読むという感じではないので

 

朝息子がまだ寝ているときに

父に聞いてもらう形式に今日から変えました

 

回数は少なくなりますが

夜は遊びの一貫として朝に本番!!

が我が家の音読のスタイルです

おこづかいについて

娘小学生になりましたが

基本学童に行っているのでまだ

お友達と子ども同士だけで遊ぶこともなく

お小遣いについては忘れ去られていました

 

園時代にママ友から

⚪︎⚪︎家はお小遣いどうするー?と聞かれて

考えたこともなかったので

一冊本を読み月額制と変動制があることは

娘に伝えていました

 

そしてそんなことも忘れたまま

昨日まで過ごしていたのですが

何かの話の流れで娘から

 

ママ、今欲しいものある??

と聞かれたので

 

リアルに

ドライヤーと答えました(о´∀`о)

(最近壊れてしまったのです)

 

何で?

 

と聞くとママのお誕生日のこと

考えてたのと言われ(今月♡)

 

リアルすぎたーー∑(゚Д゚)

と反省とともに

パパにお願いして一緒に

選んできてくれたら嬉しいなぁ♪

 

と伝えたところ

 

でもね

自分のお金でプレゼントしたいんだよね

前に話したお手伝いしたらお金もらうやつ

やって貯めて買ってもいい?

 

と言われました

 

お手伝いをしてお金を渡す方法は

うまくいく場合とそうでない場合がある

と本を読んだ時書いてあった気がする、、、

 

我が家の場合は??

やってみなくちゃ分からない!

と言うことで

早速娘が自由に設定した

価格表とともに始めてみることにしました

f:id:torikumi:20210511130835j:image

やってあげたんだからお金ちょうだい

という態度が少しでも見えた時点で

 

私がイラつく気がしたので

終了する旨を

もう少しだけオブラートに包み

丁寧に説明をしてスタートしてみました

 

早速

お風呂洗いや洗濯物たたみ

父のマッサージと頑張っています

 

支払いも催促されたくないので

やったら紙に書いておいて

私が払えるときに支払って

払ったら線で消す方式

 

まだ1日ですが

これは親の忍耐や根気も問われる気が

とりあえず

私の誕生日プレゼントのため!

と思って気持ちよくお手伝いされてみよう

 

5月が終わったら

もう一度話し合う機会を

つくってみようと思います

 

 

 

2021人間ドック結果報告書【備忘録】

f:id:torikumi:20210510103818j:image

先月受けた

人間ドックの結果報告書が届きました

 

もう若くないなぁと

感じる瞬間は増えてきたけれど

今まで受けてきた健康診断は

ほとんどAたまにBだったのが

 

Bが増えてきたうえにCまで、、、

f:id:torikumi:20210510104343j:image

さらに今回は初めて

胃のX線検査と腹部超音波検査で

十二指腸憩室と肝嚢胞と

見たことのない記載がありました

 

要経過観察なので

すぐにどうこうする必要はないようですが

(医療関係者の方で私の認識が違ってる

ようなら教えていただけると有り難いです)

やっぱり健康に気をつけて

まだまだ元気に仕事や子育てしたいし

 

仕事や子育てに一段落したら

ダンナといろんなところ旅行する

体力と気力も残しておきたい

 

何より毎日美味しいと思って

食事を楽しみ続けたい

 

今回の検査結果を受けて

というだけではないですが

筋肉量の維持向上を目指すようコメントも

あったので

私も娘と寝る前の

腹筋とプランク一緒にやることにしました

(息子も真似してやってるので三人で)

 

もともと都合悪いことは

聞き流せるタイプなので

ストレスはあまり溜まりませんが

 

みなさんのブログを読みながら

体にいいことや心にいいことは

意識して取り入れさせてもらおうと思います

 

 

アクアビーズ

娘が

早起きして私に見つかる前に

アクアビーズを作成してくれました♡

 

それを渡す姿を見て息子も

やりたい!と

今頑張って作ってくれています

f:id:torikumi:20210509170625j:image

園では毎年先生がメッセージ付きで

絵のプレゼント作成してくれていて

 

息子が金曜に園で渡してくれるので

あー母の日なんだ!と気づくくらい

 

気づいても母の日は私がやることは

(自分&夫の母へは別として)何もないので

やってもらえたら嬉しいし

忘れられても気にならない行事という

位置付けかな

 

子どもたちが元気に大きくなって

くれていることが何よりも嬉しいし

日々感謝も伝えてくれてるので

とばされても本当気にならないです

 

強いて言えば夫が子どもたちの父として

頑張ったなー!と思うくらいかな

 

今年は父と娘が早起きしたようで

計画をたててくれて

家でみんなでケーキを食べました

 

家族で元気にゆったり過ごせる日曜が

何よりの母の日のプレゼントです

 

足が速くなりたい!の続き

先日

足が速くなりたい
クラスで人気者になりたい

という
野望を口にして母を驚かせた娘

 

運動会前とはそうゆうものでしょうが

昨日は

ストップウォッチで計った

タイムをもとにリレーの選手が決められたそうです

 

クラスに13人女の子がいて

4人がリレーの選手2人が補欠

6人が選ばれて7人が選ばれない…

 

娘は家で

補欠にすら選ばれなかった

という表現をして落ち込んでいました

 

半分の子が喜んでいる中

自分が選択したわけではなく

明確に選ばれなかったという経験は

多分「初」

 

もともと足が速かったわけでも

トレーニングをしてきたわけでもなく

どちらかと言うと

園時代から鬼ごっこで鬼になると

なかなか捕まえられなくて困ったりしていた側

なので

娘自身にもある程度は想定出来たはずですが

それでも精神的ダメージは結構あるようです

 

運動会の種目は

ダンス、かけっこ、リレー(選ばれた子のみ)

 

ダンス振付を覚えたり

リズムにのることが大好きなので

ダンス練習が楽しくて

何とか気持ちを立て直せている状態

 

みんなちがってみんないい

と普段から思っていて

子どもにもそう刷りこんで育てていても

現実はそう甘くないな、と

 

選ばれる選ばれない

人気が出る人気が出ない

 

ある程度は努力等々で

コントロールできる部分はあるものの

それだけでは難しい部分もあります

 

気にしない力やポジティブシンキングは

私に比べたら娘は

少し気にしたらと思うくらい持っていますが

それでも思うところはあるようなので

 

様々経験してたくさん思って考えて

行動に変えていって欲しいなと思います

 

幸い運動会が終われば

足の速さが露骨に出る機会は減るので

時間が解決することを大人は知っているので

私は同情や同意もせずフラットに聞いてます

 

そして娘は

ダンスや勉強等楽しめることがあるので

今のところ嫌がらずに学校に行かれているので

それだけで充分

 

楽しいことがたくさん起きるといいな

とはいつも願ってます☆

 

未就学時代に字が汚くても大丈夫!【体験談】

小1の娘

5歳から「毎日家で取組み」を続けてきました

毎日継続することや頭を使うことは

楽しみながら?抵抗なくやっていましたが

 

私が当時頭を悩ませたのは

今の段階できれいな字や数字を意識するべきか 

(こう書くくらいだからあまりきれいではなかった)

 

初めが肝心という意見もあるし

時期がくれば自然ときれいになっていく

という意見もあってどっちを信じようかなぁと・・・

しかも後から遅かったーーーとは思いたくない・・・

 

ちなみに主人は読めればいい派

私はきれいな字の人って素敵♡出来ればきれいに書いて欲しい派

 

結果

☆我が家は百ます計算を取り入れていたこと

(速くて正確な計算に重点)

☆娘がもともとゆっくりペースの子だったこと

(きれいに書くとなったらさらに時間がかかる)

☆なにより本人がまったく気にしない

 きれいな字を書きたいという意識が皆無だったこと

 

以上の理由で5歳から今まで

きれいな字を書くとか丁寧に書くことは

求めませんでした

 

あと我が家は

親が子どもと学ぶことを楽しみたいというエゴと

子どもに忍耐やルールを知ってもらうツールとしても

取組みを通して結果的に先取りしているので

 

小学生の授業で教えてもらう時に

丁寧さにも気をつける余裕をもてるかなぁ

という期待もありました

 

で、実際1年生になって

今まさに数字やひらがなを学んでいるのですが

 

数か月前とは見違えるくらい

ていねいにきれいに書こうとしていて

実際にきれいに書けるようになっています!!

 

先生がみんなの前で

〇〇さんのいいですねー。

と良い見本にしてくれることがあるようで

嬉しくてまた頑張る!という好循環のようです

 

家ではいくら口うるさく言っても

そんなに上手くいかなかったであろうことが

教室という場に行くことで一瞬で変化が見られたことに

改めて場の力・集団の力を感じました

 

水を得た魚のように

今充実感を感じている娘・・・

と言いたいところですがそう上手くばかりはいかず

 

一昨日の寝る前には目に涙をためてシクシク

 

理由は

「誰よりも足が速くなりたい」とのこと

 

私は楽しみとして

運動会の練習がこれから毎日始まることを伝えたのですが

 

連休前にも3回程かけっこの練習をしていて

3回とも勝てなかったことが実はすごく悔しかったけど

(相手は男の子だしと納得しようとしていたようですが

中には女の子でも男の子に勝っている子もいて)

言い出せずにたまっていたようです

 

かけっこをした時には、都度話は聞いていて

勝ったでしょうか?負けたでしょうかー?

と毎回クイズで出され誰と走ったのか等は聞いていました

あとは園時代からの仲良しの子が運動得意なのも悔しさに

影響していそうです

 

親としては

移動はいつも自転車か車

公園に行くのも花を見たりゆったり楽しむため

体操を始めたのは運動が出来ないことでコンプレックスに

ならなければそれでいい

という感じだったので

 

『毎日練習してる子に急に勝ちたいって言ったからって

勝てるわけがない』という考えです

 

心の中では気持ちは分かるけど勉強では嬉しい気持ちになれたのだから

かけっこでは得意で頑張ってきた子を認めてあげたら?とも思いました

 

取組みや百ます計算をやっている娘にも

それは理解しやすかったようで

 

理解したうえで今度は何と

「勉強も運動も頑張って

出来るようになってクラスの人気者になりたい」

と言ってまだ泣いてる。。。

 

クラスの人気者になりたい!なんて

思っても絶対自分では口に出せないようなことを

しれっと言う娘が何だかかわいく思えました

 

でも私の考えだと

天性や遺伝で足が速いことはないと断言出来てしまうので

あとは練習あるのみという努力と根性型の考えに

 

娘が練習したい!絶対したい!と言うので

一緒に家の近くを走ることも考えましたが

息子がいると

それは違う時間がかなりかかってしまうため

 

寝る前の腹筋とプランク

休みの日に実践で落ち着きました

 

ただでさえ時間がない夜の時間に

やることがまた1つ増えましたが

何でも頑張りたいと思うときにやってみて

パンクしそうになったらどれを削るか

相談して進めてみようと思います

 

小学校って刺激が多くて大変

でもわりと引っ込み思案だと思っていた娘から

悔しいやら人気者に~なんて言葉を聞けるとは

日々成長していくなぁと

ほほえましくもありました

GW終了通常運転へ

GWも終わり今日から日常

 

我が家のGWは1〜4日まで

旅行、キャンプ(BBQ)と

充実した時間となりました

 

コロナにも気をつけて

さまざまな体験もして楽しみました

 

が、今回は悩んだ末

何も書かないことにします

 

そしてGW明けから娘の学校では

☆宿題がはじまる

☆本の貸し出しがはじまる

☆運動会の練習がはじまる

☆アサガオのタネを巻いて毎日水やり

するのでペットボトルを持っていく

 

と新しいこと目白押しです

 

出来るだけスムーズに

学校生活に戻れるように昨日は

早く起きて規則正しい食事時間

そして早く寝ることを主軸にしました

 

この休み中の取組みとしては

息子は姉のお下がりの伸びる子ドリル

中級1が終わり中級2の真ん中くらいまで

 

そのテキストを手に

〇父〇ーいっしょにおべんきょうしよー

と毎日父を追いかけ回してました

えっとーーこっち!!

と考えることが楽しくて仕方ないようです

 

娘は

父と算数のテキスト一冊やりきろう!

とGW初めに目標を決め

どこまでやれるのかなぁと見ていたら

ほーぷ算数小3を真っ新な状態から

まとめページ以外の単元先取り学習含む

全てやりきりました

 

基本我が家は教えない

無理にやらせない方針なので見守るのみ

(息を吸うように当たり前にやるが方針)

 

丸つけは親がして

間違ってる時は説明ページのどこを

もう一度読んで欲しいかくらいは伝えます

 

そうやって小さな頃から

進んできた娘を見ていると

 

必要なのは

教えるのが上手な先生よりも

 

自分で出来るようになりたいとか

自分なら出来る!と信じて

立ち向かう方向を選ぶのかとか

 

気持ち面を盛り立てる

モチベーターがいることが

重要なんだろうなぁと感じてます

 

我が家では

毎日近くにいる私も少しは

関与していると自負していますが

娘にとっては

父の存在がすごく大きいです

 

私はほっとけば

いいとこだけでなく冷静に分析したり

ネガティブにもなりますが

ダンナの発する言葉は

徹底してどんなことも

ポジティブ変換されて出てくる

 

本人が意識してるのかは謎ですが

素直な子どもにとってはそれが

心地よくやる気にさせるようです

 

ということで

久しぶりに家族でたっぷり楽しんだ

GWの非日常を終え

今日から通常運転に戻ります

 

やりきったーーーー

たのしかったーーーー